The Story of Local Food地の食物語で
みなさまに笑顔を

地の食物語

旅は食。
旅の思い出は、その土地で出会った食材、料理、特産品とともに深く記憶に刻まれます。四方を海に囲まれた北海道は、最良の漁場に恵まれ、内陸部には雄大な田園と牧場風景が広がる、まさに食材の宝庫です。

  • イメージ:地の食物語
  • イメージ:地の食物語
  • イメージ:地の食物語

食のおもてなしには、
味な心づくしを

新鮮な魚介、採れたての野菜、エゾ鹿肉に和牛、チーズをはじめとする乳製品など、大地そのものが巨大な食料庫。
北海道が、日本の食料基地といわれる所以です。
私たちは鮮度の高い地場の食材を活かしたお料理にこだわり、みなさまに食の愉しさをお届けいたします。

食の宝庫を拓く

イメージ:心にとどく、食のおもてなし

心にとどく、
食のおもてなし

この季節、この場所でなければ味わえないお料理を供することこそ最高のおもてなし、と私たちは考えます。鮮度の高い地場の食材を活かし、熟練の料理人によって供される一品一品が、食の宝庫の可能性を拓きます。和会席、創作フレンチ、ビュッフェスタイルそれぞれに込められた地の物語。この地に根差した、鶴雅グループならではの食物語をどうぞご堪能ください。

イメージ:地場の生産者から仕入れる食材

地場の生産者から仕入れる食材

料理は素材選びから始まっています。目利きの料理人たちが“食材の宝庫”から最上の材料をピックアップ。地場生産者からの仕入れルートもあり、産地からキッチン、テーブルを最短距離で結びます。

イメージ:世界一活気のある厨房でありたい

世界一活気のある
厨房でありたい

鶴雅グループのキッチンは早朝から大忙し。一からの手作り料理が少なくなりつつある宿食ですが、鶴雅グループはあくまでもオリジナルの一品にこだわります。キッチンの活気は、「食」に対する私たちの誇りです。

イメージ:10数名のパテシエが腕をふるうスイーツ

イメージ:10数名のパテシエが腕をふるうスイーツ

10数名のパティシエが
腕をふるうスイーツ

温泉旅館とスイーツ。鶴雅テイストともいえる和と洋の融合のひとつです。北海道は乳製品をはじめスイーツ素材の宝庫。最上の素材でパティシエたちが腕をふるった“作品”もお愉しみいただけます。

イメージ:ヴィンテージ・ワインと温泉旅館のマッチング

ヴィンテージ・ワインと
温泉旅館のマッチング

ほとんどの宿にワインセラーを設置し、定番ワインからヴィンテージ、北海道の話題のワインもオンリスト。「このワインを味わうために」と、訪れたお客様もいらっしゃるほど。

イメージ:地の食物語”

最上のおもてなしとは、「この地でしか味わえないおいしさをもって
国内外から訪れるお客様をお迎えすること」と、
私たちは考えます。鮮度の高い地場の食材を活かし、
熟練の料理人によって供される一品一品が、
食の宝庫の可能性を拓きます。
和会席、創作フレンチ、ビュッフェスタイルそれぞれに込められた地の物語。
この地に根差した、鶴雅グループならではの食物語をどうぞご堪能ください。