大自然と異文化に触れる
アドベンチャー(冒険の旅)へ

阿寒湖エリア / DATE 2019.07.30

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

大自然の中で過ごす楽しさを阿寒で

世界的に稀有なフィールドで新しい旅のスタイル「アドベンチャーツーリズム」を愉しめるのが、4月にオープンした「鶴雅アドベンチャーベースSIRI(シリ)」。自然や異文化の体験にフォーカスした
滞在型の旅行スタイルを発信する基地(べース)で、阿寒摩周国立公園という屈指の自然だけでなくアイヌ文化までを堪能できる、独自性の高い旅を提供していきます。古の信仰が息づく絶景の森をエキスパートのガイドの下、カジュアルに体験できる個性的なツアーが取り揃っています。

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

2018年4月、 あかん湖鶴雅ウイングスの1階に「鶴雅アドベンチャーベースSIRI(シリ)」 がオープンしました。SIRIとはアイヌ語で “大地や山・峰” を意味する言葉。阿寒を訪れる多くの方々がこの地の自然の魅力を知り、大自然・文化を愉しむためのサポートの拠点(ベース) として、新しい旅のカタチ “アドベンチャーツーリズム” の確立を目指しています。

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

あかん湖 鶴雅ウィングス 1F
アドベンチャーベースSIRI(シリ)

コーナーには、阿寒湖周辺の自然を五感で感じることができるジオラマや情報パネルなどが充実。
また、貸出品のウェアはホテル内にも店舗を構える「NORTH FACE」で揃えている(有料)

■受付時間/9:00~20:00 
■アドベンチャープラン専用受付/TEL.0154-65-6276
■いずれのツアーも定員になり次第、終了させていただきます。
https://tsuruga-adventure.com

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

手つかずの大自然と異文化にふれる新しい旅を

100年以上に渡って脈々と原生林そのものの風景が、財団の前身「阿寒前田一歩園」の初代園主・前田正名氏により、保全されてきた阿寒湖畔。開拓以前からの面影を感じさせる最大級のアイヌコタン(集落)も有するこの場所は、道内でも高いポテンシャルと独自性を持ち合わせたエリアです。その魅力をアクティビティ、自然、異文化の多方面から新たな旅のカタチで満喫して欲しい鶴雅アドベンチャーベースSIRI(シリ)」は、そんな鶴雅の想いを実現するために誕生しました。旅の始まりとなるデスクでは、映像やジオラマなどで阿寒エリアの特徴や魅力を発信しています。中でもジオラマは新緑の陽春から白銀の玄冬までの四季を鮮やかに映し出します。トレッキングや登山、カヌーを始め、アイヌ文化との連携も予定されている個性豊かなツアーで、阿寒の新たな魅力を体感できます。

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

ガイドで変わるアドベンチャーの価値

「何と言っても阿寒摩周国立公園の魅力は手つかずの自然が残っていることです」。こう語るのは、アドベンチャー事業部[SIRI]事業部長の高田茂です。SIRIで案内しているエリアは前田一歩園財団の私有地が多く含まれており、前田一歩園財団の認定ガイドが同行しなければ入林出来ない場所も多く、人里離れた場所は野生動物たちのテリトリー。ガイドたちが最も大切にしているのは、お客様の安全、そして楽しんでいただくこと。同時に冒険に熱中してもらうこと。また、ガイドをする中で最も驚かれるのが、ここ阿寒湖温泉はすでに国立公園の中にあるのだということです。多くのお客様にその自覚はなく、大抵はそこから始まりますね。私の場合は「ここはナショナルパーク内ですので、一草たりとも持ち帰ることはできません!もちろん、ホテルの備品にある歯ブラシもNGです」なんて説明すると、皆さん笑って聞いてくれます。そのようにガイドを行うときはユーモアと緊張感を演出して、お客様の五感をいつもより少しだけ研ぎ澄ましてもらうんです。そうして健康に良い歩き方など、旅行から帰ったときも思い出せるような何かを掴んで帰ってもらう…。そこがただ動植物を説明するだけではないガイド本来の姿であり腕の見せ所だと思っています。現在SIRIに所属しているガイドは4人。それぞれそのガイドにしかできない案内の仕方があり、同じウォーキングでも私は元ハンターならではの体験ガイドを行います。例えば、野生動物も気付かないほどの足音の消し方、動物たちの視線の感じ方、呼びよせる口笛の仕方、普段より15〜2倍の運動効果が期待できるノルディック・ウォークなどですね。ですからコースは同じでも、ガイドによってかなり違う目線が楽しめると思います。もちろんガイドツアーを申し込まない方も気軽に寄っていただきたいです。ホテルの近くにあるボッケ散策路にも見どころはたくさん!エゾリスがいるポイントや絶景スポットなど、ガイドによって違う見どころを聞きに来て欲しいです。

阿寒の自然を守り、文化を育み続けて

前田一歩園財団

明治39年、地方産業の模範となるべく山林事業などを展開していた前田正名氏は、牧場として拓くために阿寒湖畔へ阿寒前田一歩園の事務所を設立します。阿寒の地に立った正名氏は湖畔の景観に深い感銘を受けて「この山は、伐る山から観る山にすべき」と語り、そこから脈々と原生林そのものの風景が財団によって保全されてきました。

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

大自然と異文化に触れる<br />
アドベンチャー(冒険の旅)へ

  • #遊久の里
  • #ウイングス
  • #鄙の座
  • #花ゆう香
  • #夏
  • #アイヌ民族
  • #鶴雅アドベンチャーベースSIRI
  • #アドベンチャー
  • #文化
  • #自然

閉じる