鶴雅まろうど絵巻物 vol.28 2009年春号



水の謌

水の謌5月15日グランドオープン

水の謌

阿寒湖畔からスタートし、
ひがし北海道で多くのお客様をお迎えしてきた
鶴雅グループが、初めて道央でおもてなしを始めます。
この佳き春の日。千歳市、支笏湖温泉街に誕生する
新しい館をどうぞよろしくお願いいたします。


木をふんだんに使った人と環境にやさしい館。

深い森と深い湖で知られる「支笏湖」。その潤いあるロケーションのもとに誕生する「水の謌(みずのうた)」は、「水の癒し力」がテーマです。水に寄り添いながら、健康と美をトータルにプロデュースするリゾートスパなのです。それはまるで、行くたびほっこりと迎えてくれる「別荘」のような場所。ウエルカムラウンジには、水が心地よく流れ、足湯が温かな湯を満たし。そしてやさしい風が吹き抜けています。


1階のスパゾーンでよりヘルシーに美しく。

木の温もりがあふれる施設には、随所に人と環境に対する配慮が散りばめられています。たとえば、調湿効果のある建材や空気を汚さないパネルヒーターなどが、オールシーズン安らぎの空間を保っていますし、化粧品などのアメニティ類も、健やかさと美にこだわってセレクトされています。
1階に広がる大々的なスパゾーンには、「ナトリウム炭酸水素塩泉(重曹泉)」の温泉がたっぷりとたたえられています。肌を柔らかくし、古い角質を取り除く美肌の湯を存分にご堪能ください。また、このスパゾーンには、ホット・ヨガやトレーニングを行えるフィットネスフロア、極上の快適さを追求したエステルームにフットマッサージコーナーなども設けられます。

水の謌
水の謌

食べてきれいに…。厳選食材で美食のひとときを。

ダイニング・ビュッフェも、「健康と美」のテーマに沿って、オリジナリティあふれる美食が集められます。なにしろ「食」は「健康と美」に直結することですから…。デトックスやアンチエイジング効果を期待できる有機野菜やフルーツを厳選し、おいしいお料理の数々がお目見えする予定です。特に、体をいつくしむスープやジュース類は豊富にラインナップします。
大きなことから、小さなことまで…。滞在される方を包むすべての時間にこだわり尽くす、「水の謌」のラグジュアリーにご期待ください。

水の謌
しこつ湖鶴雅リゾート水の謌[みずのうた]

支笏湖

【名前の由来】

支笏は、アイヌ語の「シ・コツ(大きな谷地の意味)」に由来しているといわれ、もともとは支笏湖から流れる千歳川の谷地一帯が「シ・コツ」と呼ばれていたようです。
しかし江戸時代後期ころ、「シ・コツ」は鶴が多かったことから「千歳」と改名され、「シ・コツ」は支笏湖の名として残ったのです。

【大きさと深さ】

支笏湖は、「支笏洞爺国立公園」に属するカルデラ湖で、最大水深約360m・平均水深約265mのとても深い湖です。深度では秋田県の田沢湖に次いで日本2位。まさに「巨大な水がめ」で、湖底は海面よりも約115mも低いというから驚きます。大きさは、長径13km・短径5kmで東西に長い形をしており、深い原生林に囲まれています。周辺には「美笛の滝」「苔の洞門」など、人気の景勝地が数々あります。

【アイヌの伝説】

北海道の大地を作った国道神、コタンカラカムイはすごく大きな神様で、海に入ってもひざ小僧すら濡れず、顔から上にはいつも雲がかかっているから、だれもコタンカラカムイの顔を見たことがなかった。そのコタンカラカムイが支笏湖を作った時、「さて、どのくらい深くできたかな」と中に入ってみると…。予想以上に深く、コタンカラカムイはずぶずぶと深みにはまり、股のあたりまで濡れてしまった。それですっかり腹を立てたコタンカラカムイは、せっかく湖に入れた魚を海へと放り返してしまった。でもその時、たった1匹だけ隠れていて支笏湖に残った魚がいた。それがアメマスだったという。

支笏湖の自然

問い合わせ:
支笏湖ビジターセンター
TEL:0123-25-2404
開設時間:9時〜17時30分 入館無料

支笏湖温泉街の人気探勝路。「野鳥の森」を散歩しよう。

支笏湖温泉街の南に、「野鳥の森」という約100ヘクタールの森林があります。ここはその名にふさわしく、野鳥の種類が多いことで有名なバードウォッチングの人気スポットとなっています。早春のころはまだ雪が残っていますが、5月半ば以降になると探勝路が開け、約1時間の散策を楽しむことができます。木々の間から見える景観も素晴らしく、支笏湖の湖面や、恵庭岳、風不死岳、樽前山などの美しい姿を望むことができます。この時期は、シラネアオイやタチツボスミレ、エンレイソウなどの花々も可憐な姿を見せ始めるのでお楽しみに。

オホーツク暮らし人

サロマ湖でたった1軒、
2代目・海苔職人が言う。
「同じものができないからおもしろい」


谷川哲也さん

谷川水産 代表

谷川 哲也さん(55歳)

谷川水産は、生産量の限られる海苔作りだけでは事業が成り立たないためホタテ養殖も行っていますが、安定性のあるホタテ養殖だけに移行しないのは、やはり「日本最北・海苔職人」の誇りがあるから。自社事業のほか、消防団員を30年、教育委員を12年続けるなど地域の公職にも就いてきた。「佐呂間の人々は人柄が良くてね…。皆、親切ですよ」と、初めてこの地に来た時と印象は変わらない。

カネテツ谷川水産

カネテツ 谷川水産
佐呂間町字浜佐呂間269-8
TEL:01587-6-2309
(小売り時間は9時〜18時頃まで)

サロマ湖のり

日本で1番の新海苔はサロマ湖から。「サロマ湖のり(板海苔10枚入り)」と「素干しのり(30グラム)」は、谷川水産でも小売り・地方発送をしています。
また、「サロマ湖 鶴雅リゾート」のショップでも販売中です。ほか、全国の自然食品販売店でも好評です。

実直に作られる「サロマ湖のり」

サロマ湖の恵みといえば、ホタテや牡蠣が一般的ですが…。ほかにも、あまり知られていないサロマ湖産の特産物があります。それは「海苔」。サロマ湖は日本最北にある海苔養殖海域なのです。汽水湖であるサロマ湖で、丹誠込めた海苔養殖を行っているのは、佐呂間町の谷川水産の代表、谷川哲也さん。手間ひまの掛かる方法で、品質と安全性の高い、希少な海苔を生産しています。

北国の汽水湖は、養殖可能な期間がわずか。

それは1960年代のはじめ。谷川さんの父親・哲康さんがサロマ湖で海苔養殖の技術指導を行うことになり、谷川一家は岡山県からこの北海道の佐呂間町へやって来ました。当時中学1年生だった谷川さんは、「冬の寒さに驚いたねぇ。反面、人は皆親切で温かかった」と当時を振り返ります。
こうして地元漁業者らと始まったサロマ湖での海苔養殖事業。サロマ湖の低水温に合う海苔の種を探し出し、天候や海水の状態と常に戦いながら、なんとかサロマ湖ならではのおいしい海苔になってきたものの…。北国サロマ湖は秋ともなれば急激に水温が下がるため、海苔養殖が可能な時期は年間ごくわずか。これでは生産量が上がらず、事業としては苦しい…。そのため、海苔栽培を行う人は次第に減ってゆき、15年後に残ったのは谷川さんの父、哲康さんだけでした。たった1人でも、丹誠込めて胞子作りから加工まで一貫作業を行う父親。その姿を見ながら成長した谷川さんは、当たり前のように自らも海苔生産に携わる生き方を選びました。

「酸処理」を一切しない真面目な海苔作り。

谷川水産が作る「サロマ湖のり」は磯の風味が濃厚で味に深みがあります。この美味は、昼夜の水温差が大きいサロマ湖の恵みでもありますが、大きな秘密は、日本ではたぶん唯一であろう「酸処理」をまったくしない養殖方法にあるようです。一般的な海苔養殖では、海苔の成長を妨げる珪藻を取り除いたり、海苔の色つやを良くするために海面でクエン酸、塩酸、リン酸などを用いて処理しています。でも、この酸処理は海苔の味を落とし、海の生態系に影響を及ぼしかねない。だから父親の哲康さんの代から、かたくなに酸処理を拒否。網に付いた珪藻をブラシで落とす手作業は大変ですが、「サロマ湖のり」のおいしさと安全性のために、父子2代40年以上に渡り守り抜いてきました。

父子で40年以上、理想を追って楽しんできた。

年間生産できる板海苔は10万枚。つまり1万袋です。この希少な「幻の品」に惚れ込むファンは全国に点在しています。天候や水温に左右される大変な事業ですが、意外にも谷川さんはそれを楽しんでいます。「海苔作りは奥が深いです。だから面白いんです。理想の色や味を目指して探求できる日々は面白いです」。谷川さんが真面目に、楽しみながら作る「サロマ湖のり」だから、食べた人もやっぱり笑顔になるのです。

サロマ湖のり加工

「サロマ湖のり」は9月下旬ころから収穫できます。湖が結氷するまで収穫の忙しさは続き、その後は海苔加工の作業。

サロマ湖のり加工

水槽の果胞子は殻胞子に成長し、今度は海苔網に付着させた後、サロマ湖へ。海苔網には珪藻が付着しますが、酸処理をせずブラシで珪藻を取り除きます。


変わりゆく阿寒湖温 泉変えようとする人たち

鶴雅グループがCO2の大幅削減に挑戦。
「ゼロカーボンプロジェクト」を始動。


今年2月、鶴雅グループの代表取締役・大西雅之は、「鶴雅グループ省エネ改革ゼロカーボンプロジェクト」を3月下旬から実施することを発表しました。これは、新たに確保した阿寒湖温泉街の泉源を利用し、その温泉熱を熱回収するとともに、ヒートポンプの総合利用も行い、年間重油消費量を約83%削減しようとするものです。この改革により、年間のCO2排出量も約34%(約2,167トン)削減できる見込み。こうした大々的な省エネ事業に一企業が取り組む例は全国でもまだ珍しく、この試みが次代へと広がってゆくことを鶴雅グループは願っています。

変わりゆく阿寒湖温泉

新たな温泉熱源と温泉廃湯の熱エネルギーを
利用して、暖房や給湯などに利用。こうして化石燃料の消費量を大幅に削減できます。

温泉熱を「鶴雅」と「鄙の座」の冷暖房や給湯に利用し、
年間の重油使用を約83%削減!

 今回のスタートで「ゼロカーボンプロジェクト」が実施される施設は、阿寒湖温泉街の「あかん遊久の里鶴雅」と「あかん鶴雅別荘鄙の座」です。同プロジェクトのために新たに確保された泉源の最高温度は約67度もあり、熱交換器を通してホテル内の給湯や暖房に十分活用することができます。同時に温泉廃湯の熱も利用しようと、こちらはヒートポンプシステムを駆使。冷暖房に利用されます。

温泉熱利用が省エネ事業として認定・補助を受けるのは初。
これも画期的な前例に。

 温泉熱を暖房等に利用する例は従来から各地にあります。しかし、鶴雅グループが推進する同プロジェクトのような大規模な事業は希少。そのため、昨年末には国から「平成20年度 中小企業に対するCO2排出削減量認定事業」の認可を受け、さらに1月末には「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」から「平成20年度 温室効果ガス排出削減支援事業」として補助金の交付も決定しています。こうした認可や支援は、温泉熱利用としては初めてで、各方面からも注目を集めています。


今後もグループ全体へ展開。環境を優先
するホテル事業を未来に向けて…。

こうして鶴雅グループの「ゼロカーボンプロジェクト」第一期は、阿寒湖畔の恵みである温泉熱により、大幅なCO2削減を実現できそうです。ISO14001を取得したのが5年前。今度は大規模な試みに挑み、このノウハウをいずれ「北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート」や「サロマ湖鶴雅リゾート」に導入する予定です。併せて、水道水利用の見直しやLED照明への変換など、さまざまな環境活動を推進してゆきます。

大西雅之社長

今年2月。「鶴雅グループ省エネ改革ゼロカーボンプロジェクト」を実施するとマスコミ各社に発表する、鶴雅グループ代表取締役・大西雅之。

ひがし北海道 春・花・めぐり

ゆっくりと訪れるひがし北海道の春に、花だよりが届き始めます。
可憐に咲く自然の野花や広大な敷地を埋め尽くす花公園など、
人気の花スポットを集めてみました。

※4月下旬ころまでは雪が残ってる場合が多いので、長靴などの準備が安心です。

花めぐり

-
釧路市 阿寒湖畔「ボッケ  森のこみち」

見ごろ4月中旬〜夏

釧路市 阿寒湖畔「ボッケ 森のこみち」

「ボッケ森のこみち」では、4月中旬から5月下旬に掛けて、まずミズバショウを見ることができます。その後はエゾエンゴサクの紫が点々と咲き、ミヤマスミレやエゾイチゲ、フデリンドウなどたくさんの花に出会えます。

料 金:散策は無料
住 所:阿寒湖温泉街、「阿寒湖畔エコミュージアムセンタ ー」横
問い合わせ先:阿寒観光協会観光案内所 電話0154-67-3200

大空町「東藻琴芝桜公園」

-
大空町「東藻琴芝桜公園」

見ごろ5月上旬〜6月上旬

大空町「東藻琴芝桜公園」

8万平方メートルに及ぶ広大な丘陵が、一面芝桜で覆われます。山々がピンクに染まりその美しさは圧巻。紅、白、ピンクなど全6種類の芝桜が咲いています。ゴーカートなどファミリーにうれしい遊びスポットもあります。

料 金:入園料大人500円、小・中学生250円
住 所:大空町東藻琴末広393
問い合わせ先:藻琴山温泉管理公社 電話0152-66-3111

大空町「東藻琴芝桜公園」

-
網走市「網走湖畔」

見ごろ4月下旬〜5月上旬

網走市「網走湖畔」

 網走から女満別に掛けた網走湖畔は、日本でも最大級のミズバショウ群生地です。湖畔の自然林の一部は、国の天然記念物「女満別湿生植物群落」に指定されています。しかも春の網走湖は野鳥の種類が豊富で、バードウォッチングにも最適シーズンです。

料 金:散策は無料
住 所:網走市呼人
問い合わせ先:網走市観光課 電話0152-44-6111

網走市「網走湖畔」

-
北見市「ワッカ原生花園」

見ごろ6月〜9月

北見市「ワッカ原生花園」

両側にオホーツク海を従えた幅200〜700mの砂州は、約20km。エゾゼンテイカやエゾスカシユリ、ハマナス、ヒオウギアヤメなど300種以上の野生の草花が咲きます。日本最大の海岸草原としても知られています。

料 金:散策は無料
住 所:北見市常呂町栄浦242-1
問い合わせ先:サロマ湖ワッカネイチャーセンター 電話0152-54-3434

北見市「ワッカ原生花園」

-
北上湧別町「チューリップ公園」

チューリップフェアは
5月1日〜6月上旬

北上湧別町「チューリップ公園」

7ヘクタールの広大な敷地に、120品種・120万本のチューリップが色とりどりに咲き揃います。例年、チューリップフェアの期間中は、電動バスによる園内周遊や花の販売、球根の予約販売など多彩な催しが行われ、多くの人でにぎわっています。

料 金:大人500円、小・中学生250円
住 所:上湧別町屯田市街地
問い合わせ先:上湧別観光協会 電話01586-2-3600

北上湧別町「チューリップ公園」

阿寒町・稲場牧場を訪ねて

ここは
「ばんえい競走馬」の
人気オープン馬、
「ミサイルテンリュウ」の故郷。

阿寒町・稲場牧場を訪ねて

現在ランキング2位の「ミサイルテンリュウ」。高勾配が得意な負けん気戦士です。青年時代は、練習中にライバル馬を見つけた時には、遠くから威嚇をしに突進していったという逸話も…。 頂点の馬たちだけが出場できる栄光の「ばんえい記念」で、ぜひ勝ってもらいたい!


北海道には、「ばんえい競馬」という競馬レースがあります。これは、サラブレッドの約2倍もある大きな馬が、500キロから1トンまでの重い鉄ソリを引いて競うもの。コースは200メートルの直線で、途中2カ所に障害(勾配)が設けられおり、懸命にソリをひく雄壮さは感動的です。かつて北海道の開拓期では、農耕馬たちが働いてこの大地を切り開きました。ですから力自慢のおらが馬は農民たちの自慢で、村々でお祭り競馬が行われたことが「ばんえい競馬」の由来です。現在「ばんえい十勝」で優秀な戦歴を記すオープン馬(最高クラスに所属する馬)に、「ミサイルテンリュウ」という馬がいます。現在ランキングは2位。 障害が高いコースほど強さを見せつけることでファンも多い、「ミサイルテンリュウ」が生まれた故郷を訪ねてみました。

浅き春。釧路市阿寒町の「稲場牧場」は出産ラッシュの真っただ中で、牧場主の稲場洋二さん(51歳)にとって最も忙しい季節です。稲場さんは3代目で、ばんえい競馬の生産者となったのは今から12年ほど前。ばんえいの競走馬になるには、厳しい能力検査に合格しなければならず、それは1200頭の登録馬のうち230頭ほどしかクリアできない狭き門。しかもオープン馬にまで上り詰めるとなれば、それはほんの一握りの馬だけです。「これまでばんえいに送り出してきた多数の馬の中でも、『ミサイルテンリュウ』は特に素質や飼育・調教に恵まれていたのでしょう。今年で10歳。来年は引退でしょうからね…」と言う稲場さん。人間ならば50歳になろうかという10歳馬ですから、体力も衰えてきています。でも、持ち味である「負けん気」は健在。今年3月29日(日)に開催される最高峰レース、「第41回ばんえい記念(BG1)」では悲願の優勝を…。そう心の中で、稲場さんは願っているはずです。稲場さんは時々厩舎を訪ね、自ら生産した馬に会う機会があるので、「ミサイルテンリュウ」ともたびたび再会しています。「会えばお互いなんとなく通じ合うものがありますよ」と稲場さん。自分の手の元で生まれた馬はいつまでもかわいくて、そして活躍は喜びなのです。阿寒のふところで生まれたベテラン・アスリートよ、頑張れ!

ばんえい十勝に行ってみよう!

阿寒町・稲場牧場を訪ねて

14・15・16日、21・22・23日、28・29・30日。
※「第41回 ばんえい記念」は29日11レース目17時15分出走
※次年度のレースは4月25日から開催。
※入場料100円、馬券100円。
「ばんえい十勝」
帯広競馬場:帯広市西13条南9丁目 電話0155-34-0825(代)

阿寒町・稲場牧場を訪ねて

阿寒町で「稲場牧場」を経営する稲場洋二さんと奥様の敦子さん。これまで、ばんえいの「優良生産者賞」など多くの賞を受賞しています。現在はばんえい馬のほか、ハーフリンガー種も生産。

阿寒町・稲場牧場を訪ねて

稲場牧場に帰って来ている「ミサイルテンリュウ」の母馬、「カネイドリーム」。

阿寒町・稲場牧場を訪ねて

稲場牧場では一般の人が牧場内に入る事はできませんが、5月半ば以降は放牧を行うので、道路わきから馬を見ることができます。
稲場牧場:釧路市阿寒町富士見3-18-3

-

「阿寒湖水開き2009」は4月29日(水)予定!

氷で閉ざされていた阿寒湖が砕氷され、遊覧船が再び就航を始める「湖水開き」は春一番の風物詩。
この日はオープニングセレモニーのほか、遊覧船無料優待乗車券の抽選会や阿寒湖名産魚の試食会なども
ありそうです。ぜひお楽しみに!
阿寒観光汽船(株)
阿寒湖温泉1丁目5-20 TEL0154-67-2511

「阿寒湖水開き2009」

-
トラウトカントリー北海道フライフィッシングフェスタ  2009阿寒

●5月16日(土)・17日(日)9時〜16時 ●15日(金)はフライフィッシングチャレンジDAY
第1会場[阿寒湖まりむ館]:用品展示、シングルハンドキャスティング、タイイングデモなど各レッスン&レクチャー
第2会場[阿寒湖畔・阿寒川]:ダブルハンドキャスティング、スペイキャスティング、実釣スクール
日本最大のフライフィッシングイベントが、昨年初めて都会を離れ阿寒のフィールドで開催され大成功。
今年もまた、全国のアングラーたちが集結します。初心者も十分楽しめるので気軽に参加してみましょう。

阿寒湖温泉フライフィッシングフェスタ実行委員会事務局(NPO法人 阿寒観光協会内 TEL0154-67-3200)

「屈斜路湖 ナチュラル オーベルジュ・ソラ」
4月25日(土)から再開!

冬季休業を経て、「ソラ」が営業を再開します。
いっそう屈斜路産の食材にこだわり、
ヘルシーなナチュラル・フレンチを創作しつつ…。
ランチはコースメニューだけではなく、
1200円からの気軽に楽しめる新メニューもお目見えします。
どうぞ緑の中のログスイートで極上のひとときを。

4月25日以前はTEL0154-67-2531にて予約受付中。

「屈斜路湖 ナチュラル オーベルジュ・ソラ」 4月25日(土)から再開!

屈斜路湖 ナチュラル オーベルジュ・ソラ
弟子屈町屈斜路269 TEL015-484-2538
ランチタイム:11時30分〜15時(ラストオーダー14時)
ディナータイム:18時〜21時(ラストオーダー20時)

網走・オホーツク
今年1月にオープンした
新・道の駅「流氷街道 網走」
へ行ってみました!

網走・オホーツク今年1月にオープンした新・道の駅「流氷街道 網走」へ行ってみました!

道の駅「流氷街道 網走」
網走市南3条東4丁目
みなと観光交流センター
電話:0152-67-5007
営業時間:9時〜18時30分
(フードコートは11時〜16時30分
ラストオーダー)
休:年末年始


網走市観光協会 専務理事 菅原 久さん

網走市観光協会 専務理事

菅原 久さん

「新しい網走の新名所は、3月31日まで流氷観光砕氷船『おーろら』も運行しています」

 網走川の河口とオホーツク海を望む、ロケーション自慢の道の駅が誕生しました。新登場の道の駅「流氷街道 網走」は2階建てのワイドなスペースを誇り、1階と2階にそれぞれ展望デッキがあり、まるで大型客船の船上にいるような気分…。1階のテイクアウト・フードやお土産品コーナーには、網走ならではの海の幸・牧場の幸がラインナップ。たとえば、オホーツクサーモンを使った「ちゃんちゃん焼き饅頭」250円はここでしか味わえないですし、気になる味や商品がいっぱいです。
 2階のフードコート「網走キネマ館」では、網走が舞台の名映画シーンが香ります。大きな窓ぎわはカウンターとなっており、海を眺めながら食事やカフェタイムを楽しめる絶好の席。ここから見る夕日はとても美しく、流氷が去ってゆく早春の海風景もステキです。

道の駅

1.[フードコート]
2階は「網走キネマ館」という名のフードコート。「網走番外地」や「男はつらいよ」など、網走で撮影された映画の台本レプリカなども展示されています。人気メニューは「石焼カレー」各種600円〜。そしてオホーツクサーモンを使ったご当地メニュー「網走ザンギ丼中華風」850円など。

2.[足の岩盤浴]
1階にはブラックシリカ製「足の岩盤浴」があり、誰でも自由に利用できます。靴を脱いで足を乗せるとじんわり温まってリフレッシュ。

3.[クリオネ]
「流氷の天使」と呼ばれるクリオネも展示中。愛らしい姿はいつでも人気者です。

4.[流氷ドラフト]
網走ビールのオリジナル発泡酒。流氷をイメージした鮮やかブルーの発泡酒「流氷DRAFT」と、ルビーレッドの「ハマナスドラフト」各330ミリリットルは人気の商品です。

5.[生キャラメル]
網走市やオホーツクエリアで作られた各種生キャラメルも大人気。網走特産の「マタタビ」を使った生キャラメルもあります。1箱800円〜。


ソムリエのつぶやき

北天の丘あばしり湖鶴雅リゾートソムリエ 三品 真二(みしな しんじ)

北天の丘
あばしり湖鶴雅リゾート
ソムリエ
三品 真二(みしな しんじ)

ニューフェイスがおすすめする春色の辛口ロゼ。

1月に入社した三品です。これまで都市部のシティホテルに勤務してきましたが、出身地は小清水町。再びこのおおらかな地に戻ることができてうれしく思っています。しっかりとしながらも肩の張らないサービスを心がけて参りますので、よろしくお願いいたします。
 さて、今回おすすめするのは、「シャトー・ピレ2007」。春は桜エビや真鯛など、ピンク色のお魚が出てくるので、そうしたお料理に似合いそうなワインです。赤スグリのようなフルーツの香りや、ほんのりとした甘みも感じます。ランチに合わせても結構ですので、春の気分をお楽しみください。

ソムリエのつぶやき

中央がおすすめの「シャトー・ピレ2007」。
辛口なので、中華などどんな料理にも合います。

春のお料理、咲きました
春のお料理、咲きました

大地の恵みのメニュー

「山菜のフリル ビーツのスープ仕立て」

香りやほろ苦さが魅力のコゴミやフキノトウ、ギョウジャニンニクなどの山菜を、さっくり軽いフリッターにしました。シンプルだからこそ、春だけの味をしっかりと味わえます。鮮やなビーツのスープに気分まで華やぎますね。
網走は湿地帯が多くクレソンも豊富です。空き時間はせっせと山菜取りに出掛けますので、きっと取れたて山菜がダイニングに登場しますよ。どうぞお楽しみに!

北天の丘 あばしり湖 鶴雅リゾート料理長 細江 光秀

北天の丘 あばしり湖
鶴雅リゾート
料理長 細江 光秀

オホーツク語り部の会 植物画家 清水 晶子さん

清水 晶子さん

清水 晶子さんは「北海道植物画協会」の会長でもあります。2005年に刊行された清水さんの画集には、オホーツクで咲く花々がたくさん描かれています。

今夜の語り部は、鶴雅グループで現在唯一の女性語り部。植物画家の清水晶子さんです。自身の作品を3枚並べ、参加したお客様に、「どちらからいらしたのですか?」と、柔らかな笑顔で話しかけます。朗らかに言葉が行き交う「語り部の会」はとても和やかな雰囲気で、清水さん自身もその交流を楽しんでいます。植物画を描き始めて約28年。そして網走市で暮らし始めて19年目…。
「好きな花風景は『ワッカ原生花園』ですが、最近好きで良く行くのは、網走から少し南へ下がった藻琴付近の海岸線です」という話など…。季節と花々のお話をたくさん聞かせてくれます。

透明水彩で繊細に描かれた清水さんの作品。